法学に関する書籍



法学

 title_green

ラテンアメリカ法の基盤



中川和彦 著

 ラテンアメリカ法(ラ米諸国の法制の総称)の基礎であったカスティーリヤ法の生成・発展をローマ統治下のイベリアの法にさかのぼり、さらにスペイン(カスティーリア)による征服・植民地支配の結果、継受された法(インディアス法)の形成・展開を叙述し、現代のラテンアメリカ法の理解に資する。

ラテンアメリカ法の基盤
発行年月
2000年7月20日
著者
中川和彦   
定価
5,076円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0786-7
ISBN-10: 4-8051-0786-3
Cコード
Cコード: C3032
書籍サイズ
A5判 368頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

中川和彦
中川和彦

目次
第一章 序論
第二章 ヒスパニアにおけるローマ法の早期継受
第三章 ビシゴード下のヒスパニアの法
第五章 カスティーリャの勃興とその法
第六章 カスティーリャの興隆とその法
第七章 カトリック両王の時代とその法
第八章 インディアス法の形成と発展
第九章 インディアスにおける先住民の法的処遇の素描
索引

PAGE TOP



関連書籍