法学に関する書籍



法学

 title_green

裁量上告と最高裁判所の役割

サーシオレイライとヘビアス・コーパス

宮城啓子 著

 アメリカ連邦最高裁はサーシオレイライと呼ばれる裁量上告により、判例とするに適した事件を選択する。本書は、判例法の発展と裁量上告が不可欠の関係にあることを指摘し、秘密に包まれた事件選択の過程とその意味を探るとともに、刑事法における判例法の実現とヘビアス・コーパスの密接な関連を分析する。

裁量上告と最高裁判所の役割
発行年月
1998年5月25日
著者
宮城啓子   
定価
4,752円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0752-2
ISBN-10: 4-8051-0752-9
Cコード
Cコード: C3032
書籍サイズ
A5判 312頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
はしがき
第一章 アメリカ合衆国におけるサーシオレイライ誕生の基盤
第二章 合衆国最高裁判所の役割とサーシオレイライ
第三章 サーシオレイライの許可基準
第四章 サーシオレイライの許可基準
第五章 わが国の上告受理制度
第六章 「刑事上訴」としてのヘビアスコーパス
第七章 ヘビアス・コーパスへの新たな制約
第八章 ヘビアス・コーパスへの新たな制約
補論一 イングランドにおけるサーシオレイライの発展
補論二 サーシオレイライ拒絶の意味
補論三 ミランダ保障とヘビアス・コーパス
収録論文初出一覧
事項索引
判例索引

PAGE TOP



関連書籍