経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

現代のアメリカ経済

その光と影

佐瀬?夫 著

 自由と平等との理念に基づいて建国されたアメリカ合衆国は世界最大の工業国であり農業国である。「20世紀はアメリカの世紀」であった。ソ連崩壊後も唯一の超大国であるアメリカの制度的諸条件の検討からはじめ、戦後50年アメリカ経済を動かしてきたのは何であったかを回顧し、将来を展望する。

現代のアメリカ経済
発行年月
1996年11月10日
著者
佐瀬隆夫   
定価
3,670円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0736-2
ISBN-10: 4-8051-0736-7
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 264頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

佐瀬隆夫
佐瀬隆夫

目次
はじめに
第1章 アメリカ合衆国の制度的諸条件
第2章 基軸通貨国アメリカ
第3章 現代アメリカの景気変動
第4章 金融政策と財政政策
第5章 トルーマン政権時代(1945―52年)
第6章 アイゼンハワー政権時代(1953―60年)
第7章 ケネディ・ジョンソン政権時代(1961―68年)
第8章 ニクソン・フォード政権時代(1969―76年)
第9章 カーター政権時代(1977―80年)
第10章 レーガン政権時代(1981―88年)
第11章 ブッシュ政権時代(1989―92年)
第12章 クリントン政権時代(1993―)
第13章 覇権国の交代―結びに代えて

PAGE TOP



関連書籍