財務・統計に関する書籍



財務・統計

 title_green

財政理論研究



K.ヴィクセル 著・池田浩太郎・杉ノ原保夫・池田浩史 共訳

 財政の理論と政策とは、個人主義的法治国家観にもとづく「小さな政府」論的財政論と、国民連帯的福祉国家観にもとづく「大きな政府」論的財政論との、二大潮流の対立抗争の内に形成されてきた。本書は現代の支配的学説ともいえる前者の財政学説を生誕させたヴィクセルの独創的かつ画期的業績の待望の邦訳である。

財政理論研究
発行年月
1995年3月 1日
著者
K.ヴィクセル  池田浩太郎  杉ノ原保夫  池田浩史   
定価
4,089円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0703-4
ISBN-10: 4-8051-0703-0
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 282頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

K.ヴィクセル/池田浩太郎/杉ノ原保夫/池田浩史
K.ヴィクセル/池田浩太郎/杉ノ原保夫/池田浩史

目次
凡例
租税帰着学説のために
序言(『財政理論研究』1896年、序言より)
機ソ論
供テ叛衢潤への課税
掘ゼ由競争の支配下での租税帰着。最も単純な仮説。資本利子と労賃
検ヂ魁E效詫儕廚魎泙狎源砂力の報酬への租税の帰着
后ダ源困悗良垓囘課税。外国製品への課税。自由貿易論とその相対性
此ハ賃への課税と、いう所のその転嫁可能性
公正な課税の一新原則について
序言(『財政理論研究』1896年、序言より)
機ソ論。従来の見解にもとづく課税の主要諸原則
供ス餡鳩从僂侶从冤論
掘ダ治生活の今日的発展とくらべての、財政学の従来の方法の不充分性
検チ点廼┿燭痢柄蠡佚)満場一致と自由意志性の原則
后ゾ紊謀験された原則の諸帰結。手数料もしくは租税による費用充足
此ソ帰結の一層の展開。租税もしくは公債による欲求充足
察ゲ歙任里い錣罎觴匆饑策的観点について
次シ觚
ヴィクセル財政学説の本質と概要

PAGE TOP



関連書籍