流通に関する書籍



流通

 title_green

流通組織の動態



森下二次也 著

 現代に振りまわされることなく、まず「本質」を明らかにせよ。そう主張して戦後の商業学会に強力な影響を与えた森下商業論が、現実の流通問題を鮮やかに、鋭く照射する。進行中の「流通革命」を歴史の流れの中に位置づけて分析した論考は、森下商業論の骨格を要約するとともに、その正当性を訴え、現状分析の方法を説得的に語りかける。

流通組織の動態
発行年月
1995年2月20日
著者
森下二次也   
定価
3,460円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0699-0
ISBN-10: 4-8051-0699-9
Cコード
Cコード: C3063
書籍サイズ
A5判 224頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

森下二次也
森下二次也

目次
第1部 中小小売商問題の展開
 第1章 中小商業の経営合理化と協同化
 第2章 現下の中小小売商問題
 第3章 系列化の意味するもの
 第4章 最近の中小小売商問題の展開
 第5章 中小小売商問題の展開と商業政策
第2部 流通革命の進展
 第6章 流通革命について
 第7章 流通革命の動向と今後の問題点
 第8章 流通革命について
 第9章 流通革命と消費者
 第10章 流通革命と消費生活
第3部 流通近代化への道程
 第11章 流通近代化と中小商業対策
 第12章 資本自由化と流通革新
 第13章 百貨店法の改正問題によせて
 第14章 流通業界の新地図はどうぬりかえられつつあるか
 第15章 流通システム化をめぐって
 第16章 商業の本質とは

PAGE TOP



関連書籍