経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

現代企業の基礎理論

取引コストアプローチの展開

井上薫 著

 企業とは何か。なぜ存在するのか。その本質は。資源の配分をなぜ企業だけで処理できないのか。コースに始まりウィリアムソンに至る取引コストアプローチを企業のみならず市場とそれらの混合である中間組織とを並行的に詳細に検討し、わが国企業の実態と対応づけながら企業存在の意義を理論的に究明した最新の企業論の集大成。

現代企業の基礎理論
発行年月
1994年9月15日
著者
井上薫   
定価
3,780円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0694-5
ISBN-10: 4-8051-0694-8
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 270頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

井上薫
井上薫

目次
はしがき

第1章 取引コストアプローチの基本
第2章 取引コストアプローチの特長
第3章 継続的取引と資産特定性
第4章 企業の生成と発展
第5章 企業の存在
第6章 現代企業と株式会社制度
第7章 現代企業と中間組織
第8章 終章
参考文献

PAGE TOP



関連書籍