流通に関する書籍



流通

 title_green

小売業における調整政策



石原武政 著

 本書は、大店法の存廃論議に象徴されるように、調整政策は流通政策の中でもとりわけ議論が多い分野である。小売商業調整特別措置法の成立と運用の過程を詳細に分析することによって、調整政策の成立条件を考える。それは同時に、ひとつの業態としての「小売市場」の戦後の展開史でもある。

小売業における調整政策
発行年月
1994年3月20日
著者
石原武政   
定価
3,565円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0687-7
ISBN-10: 4-8051-0687-5
Cコード
Cコード: C3063
書籍サイズ
A5判 310頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

石原武政
石原武政

目次
序章 小売業における調整政策の現状と系譜
第1章 戦後復興過程での小売市場問題
第2章 小売市場規制の運用基準
第3章 小売市場規制の有効性
第4章 違法市場問題への対応
第5章 法廷闘争とその帰結
第6章 小売市場の近代化
結章 小売業における調整政策の成立条件
補章 戦後公設小売市場小史

PAGE TOP



関連書籍