監査に関する書籍



監査

 title_green

現代ドイツ監査制度論



加藤恭彦 著

 現代ドイツ監査制度について、その生成と発展を歴史的に考察するとともに、それについて監査論的に研究するものである。旧株式法及び新商法監査規制、監査役会の職務実態ならびに監査上のディスクロージャーの実態、監査理論の研究系譜、監査基準の体系、EC指令と新監査人制度等が主要課題として取り上げられている。

現代ドイツ監査制度論
発行年月
1993年6月10日
著者
加藤恭彦   
定価
7,130円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0674-7
ISBN-10: 4-8051-0674-3
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 530頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
序章
第1章 序説
第2章 ドイツ監査制度の生成と発展
第3章 監査理論研究の諸系譜と監査制度
第4章 旧株式法監査制度の展開
第5章 新商法監査制度の展開
第6章 監査基準の生成と発展
第7章 商法監査制度と監査上のディスクロージャーの実態
第8章 監査人制度の新展開
終章
付録
初出誌一覧
あとがき

PAGE TOP



関連書籍