マーケティングに関する書籍



マーケティング

 title_green

マーケティング論の体系と方法



森下二次也 著

 マーケティングは経済的現象であり、かつ歴史的現象である。各時代の最も基本的な経済構造と関連させることなしには、マーケティングの本質は明らかにならないし、科学的マーケティング理論を構築することもできない。そう主張することによって、一貫して戦後をリードした森下マーケティング理論の中から、特に珠玉・名品を収めた。

マーケティング論の体系と方法
発行年月
1993年4月10日
著者
森下二次也   
定価
4,089円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0672-3
ISBN-10: 4-8051-0672-7
Cコード
Cコード: C3063
書籍サイズ
A5判 280頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

森下二次也
森下二次也

目次
 序章 マーケティング経済論の対象と方法
第1部 現代社会とマーケティング
 第1章 独占とマーケティング
 第2章 Managerial Marketingの現代的性格について
 第3章 続・Managerial Marketingの現代的性格について
 第4章 戦後のマーケティング
 第5章 ワールド・マーケティングについて
第2部 マーケティング論の体系
 第6章 マーケティング論体系化への途
 第7章 現代経済におけるマーケティングの位置
 第8章 マーケティング論における使用価値の偏重
第3部 マーケティング機能と機能分析
 第9章 配給論のFunctional Approachについて
 第10章 マーケティングにおける集散機能と需要創造機能
 第11章 マーケティングの実物供給機能について

PAGE TOP



関連書籍