監査に関する書籍



監査

 title_green

監査機能論

日本的監査の社会学的考察

瀧田輝己 著

 監査機能は、特定の社会・経済システムの中での位置づけを理解することにより明らかになる。この観点から、「日本」という特定の社会・経済システムにおける監査の社会的なはたらきを明確にしていく。その過程で日本的監査の特徴として、心理的制裁、「あいまいさ」、指導性の三つを抽出し、それぞれ文化的・社会的に考察する。

監査機能論
発行年月
1992年11月10日
著者
瀧田輝己   
定価
4,823円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0664-8
ISBN-10: 4-8051-0664-6
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 334頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

瀧田輝己
瀧田輝己

目次
第1章 日本的監査の三つの特徴
第2章 日本人の監査意識
第3章 被監査会社にとっての限定事項
第4章 監査にもとづく内面的制裁
第5章 監査にもとづく心理的制裁の外的側面
第6章 監査における重要性の原則
第7章 監査人の重要性判断と期待ギャップ
第8章 日本的監査における期待ギャップ
第9章 監査機能としての指導性
第10章 継続企業に対する指導性と保守主義の原則
第11章 監査人の判断基準としての文化的時間概念
第12章 会計監査と業務監査
第13章 わが国の監査制度の特徴

PAGE TOP



関連書籍