商学に関する書籍



商学

 title_green

伝統と革新

酒類産業におけるビジネスシステムの変貌

加護野忠男・石井淳蔵 編著

 江戸時代から現代にかけての日本の酒類の生産・流通システムの通時的分析をもとに、生産・流通システムの変革の契機、革新の担い手、変貌のメカニズムについての理論を探求する。様々なビジネス・システムの比較分析をもとに、情報化や規制緩和のなかで、酒類の生産・流通システムの現状と将来の変革の方向を展望する。

伝統と革新
発行年月
1991年12月20日
著者
加護野忠男  石井淳蔵   
定価
2,726円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0650-1
ISBN-10: 4-8051-0650-6
Cコード
Cコード: C3063
書籍サイズ
A5判 188頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

加護野忠男/石井淳蔵 加護野忠男/石井淳蔵
加護野忠男/石井淳蔵

目次
第1章 わが国の製品流通の変遷
第2章 酒類流通システムの成立と変貌
第3章 戦後のメーカーの流通政策
第4章 酒類流通の変化とその要因
第5章 酒類流通の定量分析
第6章 情報革命と流通システム
終章 酒類流通システムの変貌

PAGE TOP



関連書籍