監査に関する書籍



監査

 title_green

監査構造論

会計における違反性と時間概念の研究

瀧田輝己 著

 「会計における違反性とは何か」という問題意識を出発点にして、監査人の違反性判断過程を理論的に分析する。とくに監査人の判断基準としての様々な時間概念に検討を加えることにより、会計原則等に散在する時間概念を洗い出し、これらの考察を通じて会計における違反性の構造を浮きぼりにする。

監査構造論
発行年月
1990年9月 1日
著者
瀧田輝己   
定価
3,984円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0621-1
ISBN-10: 4-8051-0621-2
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 264頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

瀧田輝己
瀧田輝己

目次

第吃堯_餬廚砲ける違反性
 第1章 「会計原則の解釈」について
 第2章 監査における事実認識
 第3章 会計における擬制とその監査上の取扱い その1
      −意味論的擬制と構文論的擬制−
 第4章 会計における擬制とその監査上の取扱い その2
      −語用論的擬制と違反性の判定基準−
第局堯ヾ萄鎖佑琉稟神判断基準としての時間概念
 第5章 順序についての違反性 その1
      −共時論的違反性−
 第6章 順序についての違反性 その2
      −通時論的違反性−
 第7章 財務諸表の日付についての考察
 第8章 財務諸表の深層構造と時間
 第9章 財務諸表の意味構造規則としての時間
 第10章 財務諸表における過去命題および未来命題の検証
あとがき

PAGE TOP



関連書籍