経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

現代経営学の挑戦



甲南大学経営学会 編

 甲南大学経営学部開設30周年記念論集。経営学編、会計学編、商学編の3部11章構成。経営史、経営学史、工業経営論、国際経営論、会計学総論、財務諸表論、監査論、マーケティング総論、金融機関論、保険学、国際マーケティング論の担当者がそれぞれの領域のホットな研究課題に挑戦。現代の経営実践にも示唆に富む内容。

現代経営学の挑戦
発行年月
1990年2月25日
著者
甲南大学経営学会   
定価
3,251円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0609-9
ISBN-10: 4-8051-0609-3
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 260頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
経営学編
 第1章 平生釟三郎の財閥批判−三島康雄
 第2章 プリヴァティジールング史再論(1954−1957年)−岡田昌也
 第3章 外国人労働者雇用の代替策としての企業の多国籍化−西独の場合の検討を手掛かりとして−林満男
 第4章 研究開発と戦略決定−渡辺和俊
会計学編
 第1章 包括利益と多元的認識・測定規準−藤田友治
 第2章 商法監査制度と監査基準の改定−西ドイツを中心として−加藤恭彦
 第3章 On Accounting Thought of A.C.Littleton−Historical View to Theory−Takao Fukushima
商学編
 第1章 小売商圏モデルにおけるデータ収集上の諸問題−山中均之
 第2章 The General Survey on Insurable Interest of Marine Insurance−Insurable interest of active and passive property by the late Dr.Hiroshi Suguros advices−−Yoshiki Hoshino
 第3章 自己資本比率規制と銀行行動−鶴身潔
 第4章 国際市場変動と株価予測シミュレーション−萩野典宏

PAGE TOP



関連書籍