経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

「国際化」時代の日本企業

現代経済の構造とその再編成

角谷登志雄 著

 日米貿易摩擦、EC市場統合などに、日本企業はいかに対処しょうとするか。海外進出、旧国鉄の分割・民営化、中小零細企業などの諸問題を含む日本企業全体の構造とその再編成の現状について、具体的な事例と数字により分析しするどく問題点を指摘している。リクルート事件が「日本株式会社」の仕組みなどにも言及。

「国際化」時代の日本企業
発行年月
1989年7月10日
著者
角谷登志雄   
定価
3,775円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0600-6
ISBN-10: 4-8051-0600-X
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 278頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

もくじ
第1章 資本主義企業とその歴史的発展
第2章 日本企業の構造と諸特徴
第3章 企業結合の進展と独占支配
第4章 日本企業の多国籍企業化
第5章 公的企業と協同組合の現況
第6章 六大企業集団とその支配構造
第7章 現代企業と労働者・労働組合
第8章 日本企業の民主的変革

PAGE TOP



関連書籍