経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

現代ドイツ経営学



H.アルバッハ・H.ハックス・H.コッホ・W.リュッケ・H.ザーベル 著・栗山盛彦・中原秀登 訳

 ドイツ学会の第一人者達による一般経営理論・企業理論の新展開。まずドイツ経営学の現状を正統派理論の立場からレビューし、つぎに将来の展開方途を展望する。そして主要な経営領域を新しい視点から深化する。その主要領域として、組織人間理論・行為理論・財務理論・企業成長論・マーケティング論が取り扱われる。

現代ドイツ経営学
発行年月
1987年10月10日
著者
H.アルバッハ  H.ハックス  H.コッホ  W.リュッケ  H.ザーベル  栗山盛彦  中原秀登   
定価
4,110円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0559-7
ISBN-10: 4-8051-0559-3
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 332頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

H.アルバッハ/H.ハックス/H.コッホ/W.リュッケ/H.ザーベル/栗山盛彦/中原秀登 H.アルバッハ/H.ハックス/H.コッホ/W.リュッケ/H.ザーベル/栗山盛彦/中原秀登
H.アルバッハ/H.ハックス/H.コッホ/W.リュッケ/H.ザーベル/栗山盛彦/中原秀登

目次
序論 グーテンペルク理論の創成
第1部 総論編 現状と将来展望
 第1章 ドイツ経営経済学の現状
 第2章 一般経営経済学の将来展望
第2部 各論編 企業理論の新展開
 第1章 組織と人間理論
 第2章 資金調達理論と投資理論
 第3章 経営経済的理論の応用関連性について
 第4章 企業成長と企業諸関連値
 第5章 販売理論の新展開
思想でつなぐ

PAGE TOP



関連書籍