財務会計に関する書籍



財務会計

 title_green

会計制度の展開



神戸大学経営学部80周年記念論文集編集委員会 編

 本書は、わが国と西独との比較を中心とした各国会計制度の類型化、商法計算書類での会計方法の開示制度、会計情報の公開と資本市場へのインパクト、三ツ割法を中心としてのわが国固有の利益処分法の展開、監査制度の体系と制度化、さらに、監査機能拡張に対する全体枠組の提示といった、会計制度をめぐる諸問題を多面的に取り上げた研究書。

会計制度の展開
発行年月
1986年1月20日
著者
神戸大学経営学部   
定価
3,240円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0522-1
ISBN-10: 4-8051-0522-4
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 274頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
第1部 比較制度論
 1 各国会計制度の類型化−黒田全紀
第2部 会計方針の開示制度
 2 会計方針のディスクロージャー−中野常男
第3部 会計情報公開制度と資本市場
 3 証券投資理論に基づく有用性概念の定義−桜井久勝
 4 会計処理変更に対する株式市場の賢明度−桜井久勝
第4部 利益処分制度の展開
 5 利益処分法の淵源としての三ッ割法−武田隆二
 6 王子製紙の利益処分案の変遷−武田隆二
 7 倉敷紡績の利益処分案の変遷−武田隆二
第5部 監査制度
 8 監査機能拡張の全体的枠組−森実
 9 監査制度の体系と制度化の条件−高田正淳

PAGE TOP



関連書籍