保険に関する書籍



保険

 title_green

保険経済学序説



R.L.カーター 著・玉田巧・高尾厚 共訳

 新しい問題意義と視角から保険の制度・理論・経営政策の解明を目的に、近代経済学のミクロ・マクロ分析をフルに利用して保険学研究の領域に新天地を切り開いた類まれな労作である。 目次 英国の保険市場/危険と保険/投資家としての保険会社/保険と国際収支/保険者の費用の本質/保険需要/保険価格の決定政策と経営効率。

保険経済学序説
発行年月
1984年9月15日
著者
R.L.カーター  玉田巧  高尾厚   
定価
3,984円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0489-7
ISBN-10: 4-8051-0489-9
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 308頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

R.L.カーター/玉田巧/高尾厚 R.L.カーター/玉田巧/高尾厚 R.L.カーター/玉田巧/高尾厚
R.L.カーター/玉田巧/高尾厚

目次
第1部 英国の保険産業
 第1章 英国保険市場
第2部 保険と英国経済
 第2章 危険と保険
 第3章 投資家としての保険会社
 第4章 保険と国際収支
第3部 経済学と保険経営:意思決定のための分析
 第5章 保険者の費用の本質
 第6章 保険需要
 第7章 保険価格の決定政策と経営効率

PAGE TOP



関連書籍