商法に関する書籍



商法

 title_green

法人格否認の法理



井上和彦 著

 法人格否認の法理は法人格が濫用される場合に法人格が存在しないとして扱われる法的原則と定義する。12カ国の比較法的研究、68の判例の体系的分析、多くの関連問題、立法論等に言及していて網羅・詳細・明快である。現代社会において重要な機能を果す法人の本質にかかわる法学博士論文であり学者・実務家・学生等の必備の書である。

法人格否認の法理
発行年月
1984年9月15日
著者
井上和彦   
定価
3,240円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0487-3
ISBN-10: 4-8051-0487-2
Cコード
Cコード: C3032
書籍サイズ
A5判 208頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

井上和彦
井上和彦

目次
第一章 序論
第二章 史的発展
第三章 比較法的研究
第四章 法人格否認の法理の必要性
第五章 法人格否認の法理の根拠
第六章 法人格否認の法理が認められる場合
第七章 法人格否認の法理の効果
第八章 判例
第九章 親子会社
第十章 一人会社
第十一章 法人格否認の法理をめぐる関連問題
第十二章 私見

PAGE TOP



関連書籍