管理会計に関する書籍



管理会計

 title_green

動的経営分析の基礎

日米企業比較

上領英之 著

 本書は経営分析の領域をこれまでの簿記基準を母体にしつつも、用意周到に拡大。簿価基準の収益性、成長性、物的、価値的生産性、流動性および節約性とそれらのリスク水準を、損益・付加価値・資産・資本構造の動的関数式200余りに表現して、株価政策、最適資本構成、配当政策の相互関係に及ぶ。それらは同時に、過去30年間の日米企業比較として実証した集大成。

動的経営分析の基礎
発行年月
1984年1月25日
著者
上領英之   
定価
8,640円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0473-6
ISBN-10: 4-8051-0473-2
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 626頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

上領英之
上領英之

目次
1 動的経営分析の基礎
2 損益・付加価値・資産構造の相互関係
3 価値的生産性の構造
4 物的生産性測定の構造
5 動的操業度の分析
6 資本構造の分析
7 市価最適資本構成(資本コスト)の構造分析
8 株価形成の動的構造
9 株価政策の展開
10 営業リスクの構造
11 財務リスクと営業リスク:その相互関係
12 流動性水準の測定
13 経営リスクの構造と財務政策
14 構造変動(長期)の測定
15 投資と費用との動的関係:現実へのアプローチ
16 設備投資計画の再検討割:引法と弾力性分析
17 循環変動の測定
18 倒産の予測分析
19 収益性と生産性との統合:二元性の導入
20 株価、配当および金利水準
21 簿価基準と市価基準:日米企業比較

PAGE TOP



関連書籍