人口に関する書籍



人口

 title_green

20世紀の世界人口



南亮三郎・岡崎陽一 編

 20世紀初期に16億であった世界人口は、世紀末までに60億を超えようとしている。この世紀は人類史上稀にみる人口激増の時代であったが、とりわけ、その後半期には貧しい開発途上国の人口爆発という難問題を抱え込んだ、21世紀を平和裡に迎えられるだろうか。人口問題をあらゆる角度から検討して将来をうらなう専門書。

20世紀の世界人口
発行年月
1983年9月30日
著者
南亮三郎  岡崎陽一   
定価
2,700円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0464-4
ISBN-10: 4-8051-0464-3
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 176頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

南亮三郎/岡崎陽一 南亮三郎/岡崎陽一
南亮三郎/岡崎陽一

目次
はしがき
第1章 20世紀に至るまでの世界人口−南亮三郎
第2章 20世紀の死亡率と平均寿命−河野稠果・高橋重郷
第3章 20世紀の出生力−大淵寛
第4章 20世紀の労働力と雇用状況−水野朝夫
第5章 20世紀の人口分布と人口移動−鈴木啓祐
第6章 総括と21世紀への展望−岡崎陽一

PAGE TOP



関連書籍