経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

裁量的行動の経済学

企業理論における経営者目標

オリバー・E.ウィリアムソン 著・井上薫 訳

 経済理論に組織理論の成果を導入して経営者を中心とした新しい理論を提唱し、自ら実証分析を試みた名著ウィリアムソンの現代企業目標論の完訳。 目次 若干の展望/企業理論の修正/組織行動/企業モデルの形態(経営者裁量モデル・企業家モデルと売上高最大化仮設)/実態調査による実証/主要企業分析/社会的選択の制度的関連/結論。

裁量的行動の経済学
発行年月
1982年7月10日
著者
オリバー・E.ウィリアムソン  井上薫   
定価
3,240円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0431-6
ISBN-10: 4-8051-0431-7
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 264頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

オリバー・E.ウィリアムソン/井上薫
オリバー・E.ウィリアムソン/井上薫

目次
第1章 若干の展望
第2章 企業理論の修正
第3章 組織行動
第4章 企業モデルの形態
第5章 企業モデルの形態
第6章 実態調査による実証
第7章 主要企業分析
第8章 社会的選択の制度的関連
第9章 結論

PAGE TOP



関連書籍