経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

景気とは何か?

現代経済原論的景気論講義・現代的福祉・世界景気論

桑原晋 著

 漢字の「景気」、trade cycleや、business cycleや、統計学的区分や、GNPや、ミクロだマクロだから、ケインズ景気観やマルクス恐慌論や戦後アメリカ式計量経済学など、克明にしらべあげながら、現代景気論は如何に在るべきかを説いている。

景気とは何か?
発行年月
1982年5月20日
著者
桑原晋   
定価
2,376円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0420-0
ISBN-10: 4-8051-0420-1
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
B6判 128頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
はしがき−景気という言葉について
(0)昭和56年度開講にあたり
(1)trade cycleやbusiness cycleやindustrial fluctationで考えてはならない現代景気
(2)いったいGNPは何であるか?
(3)近代景気論と現代景気論
(4)スミスなどの古典学派に景気論がなかったわけ
(5)マルキシズム恐慌論批判
(6)貨幣的景気論が戦前風靡したわけ
(7)マーシャルの「価格分析」と自動的調節作用
(8)ケインズ『一般論』の発生理由と「所得分析」
(9)MicroとMacroとQuantitative Economicsの限界
(10)Growth論とVietnam War
(11)現代のインフレの因果関係と矛盾現象
(12)ドル不安と世界景気の混迷
(13)東西問題および南北問題と世界景気
(14)金本位時代の景気とIMF時代の景気
(15)インフレ抑制と高金利と赤字財政
(16)国際収支と円相場と取引難
(17)国連憲章的景気論の創造と経済政策
(18)経済体質と景気学説
(19)認識論的景気論と了解科学的景気論
(20)現代福祉世界景気政策原理

PAGE TOP



関連書籍