経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

経営学と経営史学



栗田真造先生古稀記念事業会 編

 第1部「経営史学の展開」第2部「経営学の展開」第3部「経営学と経営史学」の3部10章からなる。第1部が経営の理論をふまえながらその歴史を解明するのに対して、第2部は経営の歴史をふまえながらその理論を究明する。そして第3部ではこれから2つの接近方法を統合することの可能性が追求される。

経営学と経営史学
発行年月
1982年2月20日
著者
栗田真造先生古稀記念事業会   
定価
3,780円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0419-4
ISBN-10: 4-8051-0419-8
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 280頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次

第一部 経営史学の展開
 第一章 経営史学における方法上の諸問題−井上忠勝
 第二章 企業成長の史的考察−大森弘
 第三章 合資造船部の経営史分析−藤本正和
 第四章 コーリソズ・ハウス・グループの成立と崩壊−山中雅夫
 第五章 企業成長と経営政策の相関−植藤正志
第二部 経営学の展開
 第六章 現代企業目標の特質−井上薫
 第七章 企業組織の制度的特質−三浦隆之
 第八章 フランスにおける公企業の概念−堀田和宏
 第九章 海外派遣社員の職務満足調査−安室憲一
第三部 経営学と経営史学
 第一〇章 経営協成体理論の源流−栗田真造

PAGE TOP



関連書籍