商法に関する書籍



商法

 title_green

保全訴訟と本案訴訟

被保全権利の審理を中心として

野村秀敏 著

 仮処分の本案化、この病理現象の克服手段を比較法的・比較手続法的考察をふまえた上で、保全訴訟と本案訴訟とにおける審理のあり方の比較対照を通じて究明した労作。人訴法16条の仮処分、行訴法25条の執行停止にも論及する。目次 序章〜日本法の現状/ドイツ法/フランス法/アメリカ法/可能的解決方法とその適否他3章。

保全訴訟と本案訴訟
発行年月
1981年12月20日
著者
野村秀敏   
定価
3,984円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0413-2
ISBN-10: 4-8051-0413-9
Cコード
Cコード: C3032
書籍サイズ
A5判 354頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
はしがき
文献略語表
第一章 序章
第二章 日本法の現状
第三章 ドイツ法
第四章 フランス法
第五章 アメリカ法
第六章 可能的解決方法とその適否
第七章 日本法における新たな解釈論の根拠付けとその適用
第八章 新たな解釈論と若干の特殊保全処分
第九章 終章

PAGE TOP



関連書籍