経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

集権的社会主義の成立

チェコスロヴァキアの事例

片岡信之 著

 変化しつつも集権的性格を捨てきれない現存の社会主義の原型がどう形成・完成されたか、問題点は何かを、チェコに事例をとって詳細に究明。ソ連指導上の戦後チェコの社会主義化過程の具体的考察は、アフガニスタン・ベトナム問題や日本の将来を考える上でも教訓となる。またあるべき新しい社会主義を考えるための予備作業としても重要である。

集権的社会主義の成立
発行年月
1980年1月30日
著者
片岡信之   
定価
2,160円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0376-0
ISBN-10: 4-8051-0376-0
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 164頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

片岡信之
片岡信之

目次
第1章 集権的経済システムの生成
第2章 「人民民主主義」および「社会主義」体制の成立
第3章 集権型経済システムの成立過程
第4章 集権型経済システムの構造的特質と欠陥

PAGE TOP



関連書籍