経営管理に関する書籍



経営管理

 title_green

経営労務論



古林喜樂 著

 本書は、経営労務のわが国における最高水準の理論的研究書。昭和11年刊行以来、古典的名著の名をほしいままにした、あまりにも有名な著書。経営労務の発展・労務過程・労務職能・賃金制度など、独米の労務学説の詳細にわたる分析と批判を行い、包括的な豊富な内容をもつ体型的研究書。現代の労務研究の基礎理論を提供する指針書でもある。

経営労務論
発行年月
1979年4月20日
著者
古林喜樂   
定価
3,024円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0362-3
ISBN-10: 4-8051-0362-0
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 290頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

古林喜樂
古林喜樂

目次
第1章 経営労務の発展
第2章 労務過程論
第3章 労務職能論
第4章 賃銀
第5章 賃銀制度論

PAGE TOP



関連書籍