経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

組織現象の理論と測定



野中郁次郎・加護野忠男・小松陽一・奥村昭博・坂下昭宣 著

 本書は、現在までの組織論を、理論構築の立場から、環境、コンテクスト、構造、個人属性の過程で構成される統合的コンティンジェンシー・モデルに基づいて分析・統合した画期的図書。膨大な文献のなかから、有意味な研究を選び、それらを理論と測定の両面から分析し、組織論の開発した主要命題に整理したもので、新しい組織論のテキスト。

組織現象の理論と測定
発行年月
1978年12月20日
著者
野中郁次郎  加護野忠男  小松陽一  奥村昭博  坂下昭宣   
定価
4,752円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0356-2
ISBN-10: 4-8051-0356-6
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 520頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

野中郁次郎/加護野忠男/小松陽一/奥村昭博/坂下昭宣 野中郁次郎/加護野忠男/小松陽一/奥村昭博/坂下昭宣 野中郁次郎/加護野忠男/小松陽一/奥村昭博/坂下昭宣 野中郁次郎/加護野忠男/小松陽一/奥村昭博/坂下昭宣
野中郁次郎/加護野忠男/小松陽一/奥村昭博/坂下昭宣

目次
序章 組織現象の分析視角
第1章 環境
第2章 コンテクスト
第3章 組織構造
第4章 組織過程
第5章 個人属性
第6章 組織成果
第7章 組織変動
終章 統合的コンティンジェンシー理論に向って

PAGE TOP



関連書籍