経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

日本経営学史 (第2巻)

人と学説

古林喜樂 編

 村本 福松・アメリカ経営学の導入と精錬−高田 馨/古林 喜樂・経営学方法論の特徴−海道 進/馬場 克三・五段階説の提起と展開−三戸 公/山本 安次郎・本格的な経営学の構想−片岡 信之/古川 栄一・動態的経営財務論の展開−雲嶋 良雄/山城 章・その現代企業論−藻利 重隆/藻利 重隆・実践科学としての企業学の展開−川崎 文治。

日本経営学史 (第2巻)
発行年月
1977年4月25日
著者
古林喜樂   
定価
3,024円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0323-4
ISBN-10: 4-8051-0323-X
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 224頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

古林喜樂
古林喜樂

目次
第一章 村本福松−アメリカ経営学の導入と精練
第二章 古林喜楽−経営学方法論の特徴
第三章 馬場克三−五段階説の提起と展開
第四章 山本安次郎−「本格的な経営学」の構想
第五章 古川栄一−動態的経営財務論の展開
第六章 山城章−その現代企業論
第七章 藻利重隆−実践科学としての企業学の展開

PAGE TOP



関連書籍