経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

公債の経済理論



カール・ディーツェル 著・池田浩太郎 訳

 公債の国民経済的作用を理論的に解明した、公債論の古典的名著の翻訳書で、ケインズ経済学、フィスカル・ポリシー論の台頭により再評価された公債学説上今日的意味をもつ名著である。目次 序論/国民経済的立場/信用/資本/国民資本/国家信用/国債制度/結語。

公債の経済理論
発行年月
1977年1月20日
著者
カール・ディーツェル  池田浩太郎   
定価
3,240円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0314-2
ISBN-10: 4-8051-0314-0
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 308頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

カール・ディーツェル/池田浩太郎 カール・ディーツェル/池田浩太郎
カール・ディーツェル/池田浩太郎

目次
第一章 序論
第二章 国民経済的立場
第三章 信用
第四章 資本
第五章 国民資本
第六章 国家信用
第七章 国債制度
第八章 結語

PAGE TOP



関連書籍