人口に関する書籍



人口

 title_green

人口と経済と社会

南亮三郎博士人口学体系完結並びに喜寿祝賀論文集

南博士祝賀論文集刊行委員会 編

 執筆者−中山 伊知郎・猪谷 善一・荒 憲治郎・長谷部 亮一・畑井 義隆・大泉 行雄・渡辺 貞雄・和泉 雄三・寺尾 琢磨・永田 正臣・富田 富士雄・土田 正夫・黒田 俊夫・石 南国・石原 正令・金田 昌司・兼清 弘之・加藤 寿延・小苅米 清弘・水野 朝夫・森岡 仁・大淵 寛・岡田 実・小野 旭・南 亮進・鈴木 啓祐・吉田 忠雄。南 亮三郎先生経歴。

人口と経済と社会
発行年月
1973年12月 1日
著者
南博士祝賀論文集刊行委員会   
定価
6,480円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0264-0
ISBN-10: 4-8051-0264-0
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 600頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

第一部
目次
 完全雇用政策の意味−中山伊知郎(一橋大学名誉教授)
 商人口学の評価−猪谷善一(駒沢大学大学院教授)
 ケインズ雇用理論に関する覚書−荒憲治郎(一橋大学教授)
 所得の地域格差と人口移動−長谷部亮一(小樽商科大学教授)
 人口増加と産業構造の変転−畑井義隆(明治学院大学教授)
 経済政策と人口−大泉行雄(近畿大学教授)
 北海道の人口流動とその要因−渡辺貞雄(札幌商科大学助教授)
 人口問題と雇用・失業問題−和泉雄三(函館大学教授)
 家族計画連動の経済的帰結−寺尾琢磨(慶応義塾大学名誉教授)
 イギリス産業革命期の人口動態−永田正臣(駒沢大学教授)
 人口と社会的要因−富田富士雄(関東学院大学教授)
 わが国地域人口の研究−上田正夫(厚生省人口問題研究所所長)
 人口政策の展開−黒田俊夫(厚生省人口問題研究所人口政策部部長)
第二部
 韓国の人口増加と経済発展−石南国(函館大学教授)
 渡島地方の人口の盛衰と移動状況−石原正令(函館大学助教授)
 西ドイツにおける人口及び産業立地の地域的動向と空間整備政策について−金田昌司(中央大学教授)
 都市人口の移動性−兼清弘之(亜細亜大学助教授)
 経済開発論における人口政策理論−加藤壽延(亜細亜大学助教授)
 産業構造の変動とサービス産業−小苅米清弘(東洋大学助教授)
 わが国労働供給行動の一分析−水野朝夫(中央大学教授)
 リカードの人口思想と貿易思想−森岡仁(駒沢大学講師)
 日本の経済離陸と人口変動−大淵寛(中央大学教授)
 フランスの人口政策−岡田実(中央大学教授)
 経済援助と自助努力−小野俊夫(早稲田大学教授)
 人口増加の経済成長におよぼす効果に関する計量経済学的分析−小野旭(成蹊大学教授)・南亮進(一橋大学助教授)
 地域労働力人口の変動の計量経済学的解析−鈴木啓祐(流通経済大学教授)
 南理論とマルサス理論−吉田忠雄(明治大学教授)
 南亮三郎経歴

PAGE TOP



関連書籍