経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

新刻 経営費用論



中西寅雄 著

 経営経済学は経済理論であり経営学は応用科学たり技術論であるとの見地に立ち、この観点から経営経済学の研究対象は個別資本(企業資本)の運動にあるとし、そこでの基本問題は、企業の費用、収益、利益、財産、資本の諸問題であると考える。そして費用問題を経営経済学の中核的問題としてとらえ、分析し論究する。

新刻 経営費用論
発行年月
1973年11月 3日
著者
中西寅雄   
定価
3,240円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0259-6
ISBN-10: 4-8051-0259-4
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 280頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

中西寅雄
中西寅雄

経営費用論 目次
第1章 費用の本質
第2章 費用と操業度
第3章 損益計算論
第4章 原価計算論
第5章 経営比較論

PAGE TOP



関連書籍