金融・証券に関する書籍



金融・証券

 title_green

国際投資法序説

国際法における国有化の研究

横川新 著

 国際投資法は国際経済協力の法的側面として、国際経済協力の進展に伴いその重要性が増大しつつある。本書は国有化および投資保証に焦点をあてる。目次 国有の化問題の背景/国有化の概念/外国人財産尊重の変遷過程/第二次大戦後の国有化/固有化に関する現行国際法上の制約/補償/国際投資の保護。

国際投資法序説
発行年月
1972年5月30日
著者
横川新   
定価
1,620円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0222-0
ISBN-10: 4-8051-0222-5
Cコード
Cコード: C3032
書籍サイズ
A5判 276頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
第一章 国有化問題の背景
第二章 国有化の概念
第三章 国際法における財産の概念
第四章 外国人財産尊重概念の変遷過程
第五章 第二次大戦後の国有化
第六章 国有化に関する現行国際法上の制約
第七章 補償
第八章 国際投資の保護

PAGE TOP



関連書籍