管理会計に関する書籍



管理会計

 title_green

コンテンラーメンの理論



安平昭二 著

 会計組織の特徴的な方法としてのコンテンラーメンについて、その基本的諸問題の原理的解明を試みる。目次 総論/コンテンラーメンの本質・発展史的概観/コンテンラーメン編成の基礎/勘定分類の原理/財務簿記と経営簿記/中性費用・収益の内容とコンテンラーメン、経営簿記の技術的形式とコンテンラーメン他。

コンテンラーメンの理論
発行年月
1971年3月30日
著者
安平昭二   
定価
1,944円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0202-2
ISBN-10: 4-8051-0202-0
Cコード
Cコード: C3063
書籍サイズ
A5判 352頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

安平昭二
安平昭二

目次
第喫圈〜軅
 第1章 コンテンラーメンの本質
 第2章 コンテンラーメンの発展史的概観
第曲圈.灰鵐謄鵐蕁璽瓮麒埓の基礎
 第3章 コソテンラーメンにおける勘定分額の原理
 第4章 財務簿記と経営簿記(経営計算)との組織上の関係とコンテンラーメン
 第5章 いわゆる中性費用・収益の内容とそのコンテンラーメン上の取扱いについて
 第6章 経営簿記の技術的形式とコンテンラーメン
 第7章 短期損益計算の諸形態とコンテンラーメン
 第8章 商法(株式法)の決算書分類規定とコンテンラーメン
第景圈.灰鵐謄鵐蕁璽瓮麩世糧展
 第9章 シェアーの勘定組織論
 第10章 シュマーレンバッハのコンテンラーメン
 第11章 コンテンラーメン論の展開(機
 第12章 コンテンラーメン論の展開(供
補説 コンテンラーメン論における最近の動向をめぐって
索引

PAGE TOP



関連書籍