管理会計に関する書籍



管理会計

 title_green

操業利益計画論



福田誠一・福田平八郎 共著

 原価と操業度の関係につき、著者が多年実際経営に沈潜して得た体験と資料を駆使し、文献的チェックと併行しながら、その真理性を追求した実験の書。目次 序章/操業度理論に転機をもたらす新しき操業利益計画思想/線形計画・行列論のすすめ他/操業利益計画理論進展の方向/新操業利益計画的思考の洗練と操業度理論の接着点。

操業利益計画論
発行年月
1963年12月 1日
著者
福田誠一  福田平八郎   
定価
842円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0103-2
ISBN-10: 4-8051-0103-2
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 258頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
A 序章
B 操業度理論に転機をもたらす新しき操業利益計画思想
C 操業利益計画理論進展の方向
D 新操業利益計画的思考の洗練を望みつつ操業度理論との接着点を探す
付論 機。ohmの価値加算論の研究
付論 供,錣譴錣譴諒式の数理
付論 掘。ohm非線型解法批判
付論 検,い錣罎訐什醉益率の正体の追及

PAGE TOP



関連書籍