保険に関する書籍



保険

 title_green

近代保険論

近代保険の生成と展開

水島一也 著

 本書は、近代保険の本質および機能を、近代資本主義の史的展開と関連させながら解明する。目次 近代保険の生成〜近代保険の起源/ドイツ絶対主義下の公営火災保険制度/ドイツ生命相互会社の性格/二大特許会社の社会的基盤/近代相互会社の成立/簡易生命保険の生成/近代保険の形成確立・歴史性。近代保険の展開〜生保会社の相互化他。

近代保険論
発行年月
1961年7月10日
著者
水島一也   
定価
626円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0081-3
ISBN-10: 4-8051-0081-8
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 304頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

水島一也
水島一也

目次
第一部 近代保険の生成
 序説 近代保険の起源
 第一章 ドイツ絶対主義下の公営火災保険制度
 第二章 ドイツ生命保険相互会社の性格
 第三章 二大特許会社の社会的基盤
 第四章 近代的相互会社の成立
 第五章 簡易生命保険の生成
 第六章 近代保険の形成確立
 第七章 近代保険の歴史性
第二部 近代保険の展開
 序説 問題の所在
 第八章 相互会社における相互主義
 第九章 生命保険株式会社の相互化
 第十章 相互会社の経済的性格
 第十一章 独占形成期における生保資金
 第十二章 今世紀における生保資金投資の動向
 第十三章 保険資金と保険資本

PAGE TOP



関連書籍