経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

経営経済学原理 第一巻 (生産論)



エーリッヒ・グーテンベルク 著・溝口一雄・高田馨 訳

 戦後ドイツの最も重要な経営学書で、ひろく世界各国の最新の成果を採り入れて広い視野で経営現象を解明し、経営の将来を明示して一大体系を樹てた名著。目次 生産要素体系〜基本要素/経営における人間労働給付の最適生産の条件。経営要因〜結合過程/生産理論的展望他。費用理論的展望〜経営形態の決定要員/経営意思形成の問題他。

経営経済学原理 第一巻 (生産論)
発行年月
1957年5月20日
著者
エーリッヒ・グーテンベルク  溝口一雄  高田馨   
定価
4,860円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0053-0
ISBN-10: 4-8051-0053-2
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 434頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

エーリッヒ・グーテンベルク/溝口一雄/高田馨 エーリッヒ・グーテンベルク/溝口一雄/高田馨 エーリッヒ・グーテンベルク/溝口一雄/高田馨
エーリッヒ・グーテンベルク/溝口一雄/高田馨

目次
第1部 生産要素の体系
 第1章 基本要素
 第2章 管理要因
第2部 結合過程
 第3章 生産理論的展望
 第4章 費用理論的展望
第3部 経営形態の決定要因
 第5章 体制関連的事実
 第6章 経営意志形成の問題

PAGE TOP



関連書籍