保険に関する書籍



保険

 title_green

新版 海上保険



藤本幸太郎 著

 海上保険とは、通常航海に關する一切の危險を擔保する保険の制度といはれてゐる。故に、海上固有の危險、例へば、暴風雨・座礁・衝突・膠沙等に因る損害は勿論、海員の悪行・海賊戰爭等の人為的危險ま亦、保險者に於て擔保するのを原則とする。然し、船舶内に於ける人の健康並びにその生命は之を海上保險の目的としない。

新版 海上保険
発行年月
1962年6月15日
著者
藤本幸太郎   
定価
1,512円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0022-6
ISBN-10: 4-8051-0022-2
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 322頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
第一編 総論
 第一章 海上保険の概念
 第二章 海上保険の沿革
 第三章 海上保険の経営形態
 第四章 海上保険料
第二編 本論
 第一章 海上保険の目的およびその価額
 第二章 海上保険者の担保すべき危険
 第三章 海上保険者の填補の種類
 第四章 委付
 第五章 保険者責任の終始
 第六章 海上保険証券および保険契約の種類
 第七章 海上保険の重複保険、共同保険、および再保険

PAGE TOP



関連書籍